プログラミング必修化について

NO IMAGE

2020年小学校で必修化になる科目をご存知ですか?

タイトルでお分かりになったかと思いますが、2020年、小学校でプログラミングが必修化になります。
つい先日、プログラミング必修化について考える会があり、参加してきたのですが、やはり問題は山積みのようです。

いくつかの問題の中で私が考えている、一番、大きな問題は教えられる教員が少ないということだと思っています。
2020年4月まで2年半あるとはいえ、それまでに今、小学校で教えている先生にさらにプログラミングを勉強していただき、
プログラミングの授業をするのか、はたまた、外部から来ていただき、講師として迎えるのか。
前者はただでさえ、多くの科目を教えているのに、さらにプログラミングを覚えるという教師への負担。
後者は外部から、全ての小学校にプログラミングを教えられる先生を派遣するという現実的ではないなと思います。
またプログラミングができるからといって教えることができるとは限らず、プログラミングができ、かつティーチングスキルが
ある人はかなり限られると思います。

なお、教育カリキュラムは詳細には定まっておらず、各教科に上手くプログラミングを活用してくださいといった内容になります。
算数であれば、図の作成等において、プログラミングを体験しながら考え、プログラミング的思考と数学的な思考の関係を学ぶ
といったことが例として挙げられています。解釈に幅が出て来そうなので、一貫した教育は難しく、教える人のスキルによって、
結果がだいぶ変わってくるように思えます。

いま、こういった問題を国や文部科学省だけではなく民間や有識者によって、どのように進めていくかが議論されています。
プログラミング教育は将来、絶対に役に立つ考え方、スキルなので、形骸化した形で教えるのではなく、
意味のある形でプログラミングが教えられるよう、官民一体で考えていく必要があります。