2017 夏休みイベント

プログラミング体験&LEDで光る立体万華鏡!

料金 :無料

対象 :小学校3年生~

プログラミングコースの使用教材

キュベット

モンテッソーリ教育に基づいた知育玩具。英国教育機関で採用され、多数のデザイン賞も受賞しています。

日本総合代理店キャンドルウィック株式会社

https://www.primotoys.jp/

Scratch

マサチューセッツ工科大学により作成された教育用プログラミング言語。日本語でプログラミングできるため、お子さんのプログラミング第一歩に最適です。

Scratch公式HP

https://scratch.mit.edu/

LED立体万華鏡コースの使用教材

工作道具・材料

定規やカッターなど、一般的な道具に加えてアクリルカッターという特殊な形状のカッターを使用します。材料には、ポリカーボネートのミラーと発泡スチロール、フルカラーLEDを使用します。

一日の流れ~プログラミングコース~

1.パソコンを使わないプログラミング

キュベットという教材を使用しパソコンを使わないプログラミングの考え方を体験してもらいます。プログラミングという名前だけで難しそうというイメージがありますが、遊びとしての体験からはじめることで、苦手意識を持たないようにプログラミングの考え方に触れることができます。

2.Scratchによるビジュアルプログラミング

プログラミングと聞くと黒い画面に英語が並んでいるようなイメージがあると思います。いきなりそこから教えてしまえば、難しい・分からないにつながりパソコン自体を嫌いになってしまうかもしれません。Scratchでは、日本語で書かれたブロックをつなげていく直感的な作業でプログラムを作ることができます。簡単なゲームを作成し、自分でもプログラムを作ることができる喜びを体験しましょう。

3.Raspberry PiによるIoT体験

IoT(Internet of Things)とは、あらゆるものがインターネットにつながるという考え方です。自分の作ったプログラムが画面の中だけではなく、インターネットを経由してモノを動かすこともできるんだ、という体験をしましょう。プログラムはScratchで作成できるので、英語を書かなくても体験できます。

一日の流れ~LED立体万華鏡コース~

1.完成品を見て作り方を予想しよう

ただ言われた通りに作るのではなく、完成品から仕組みや作り方を想像して作業を進めるのも工作の醍醐味です。まずは手に触れたり分解したりしてみましょう。

2.幾何学模様を描いてみる

一見描くのが難しそうな幾何学模様ですが、実は直線だけで描けるものもあるんです。工夫次第で複雑なものも作れることを知りましょう。

3.本体制作

仕組みがわかったら後は作るだけです。紙のみならず発泡スチロールや鏡を切るという体験を通して道具の正しい使い方を覚えましょう。

定員に達した為、受付は終了致しました。
沢山のご参加ありがとうございました。